年賀状は新年の大切な挨拶です

年賀状は、新年を祝う大切な挨拶です。年賀状だけしか付き合いのない方もいらっしゃるでしょうが、逆に考えれば、年賀状があるからこそ、縁が切れずにいられるのです。年賀状は、友達や親戚、家族や恋人、会社の上司や同僚、後輩など、様々な方に送り新年を祝う大切なイベントとなっています。
最近は年賀状離れも多くなっており、特に若者は、メールやラインで年賀状代わりに新年のお祝いを送る方もいらっしゃいますが、自分で一生懸命書いた年賀状を送った方が気持ちもこもっており、良いでしょう。今は家族写真や子供の写真を年賀状に添えて送る方も多くいらっしゃり、それで成長が分かり、幸せな家庭生活を送れていると安心する方も多くいらっしゃいます。
会社の上司などには、年賀状を送ることにより、送らない人よりは、しっかりとしたイメージがつき、出世などにも影響を与えるものです。また、お年玉年賀状などもあり、当たれば豪華景品がもらえたりする楽しみもあり、楽しみながら年賀状を送ることが出来ます。年賀状は古くから日本に根付いた伝統となっていますので、そのでんとうをたやさぬように、メールやラインだけではなく、しっかりと年賀状を書いて送ることをお勧めします。
ツムツム年賀状

新年の最初は年賀状を読むこと

“そもそも、年賀状は新年の挨拶です。

遠くに住んでいる知り合いや近所の人ともハガキのやり取りをします。

大体、元旦はどこにも出かけず家族とゆっくり過ごす日だったからです。

だけど、最近は元旦でも出かける人は大勢います。

しかも、年中無休のお店もあって元旦でも働いている人もいます。

なので、あまり年賀状による新年の挨拶という意味が薄れていきました。

大体、新年の挨拶なら実際会って言えるからです。

遠方でも携帯とかがあるのでメールでも済ませてしまう人も増えています。

といっても未だに携帯を持っていない人もいるんですけどね。

なので、メールだと受け取れない人もいます。

やっぱり、年賀状は必要なんです。

確かに年賀状を書く人は年々減ってきているわけですが。

しかも、年賀状の料金も10円も上がってしまいました。

なので、枚数がかさむとかなり、お金がかかります。

だから、書くのをためらっても仕方がないんですが。

だけど、やっぱり年賀状をもらうと嬉しいという人も大勢います。

それに最近では自分自身のオリジナルな年賀状を作る人も増えています。

お互い、自分の自信作である年賀状を送りあうことで友達との仲もアップできるかもしれません。

それにハガキだと逆に信頼が深まるきっかけになるかもしれません。

2018年みきゃん年賀状